井筒監督の発言に「人間として最低」 堀江貴文氏

ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏(45)が、映画監督の井筒和幸氏(64)の発言に対し「人間として最低」と批判した。

BBFznol[1].jpg


 24日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」は、井筒監督が連載中のコラムで、興行重視で“売れ線キャスティング”しかしない昨今の映画に苦言を呈するとともに「虚業が増えて、生産業が絶滅する」と嘆いた発言を紹介した。
 堀江氏は、映画の現状に関する発言には理解を示したものの、「虚業がうんぬんかんぬんっていうのは、いつもの井筒さんのポジショントークというか偏りトーク。新しい産業を虚業っつってバカにするんですよ。お前が虚業だろって。こういう人、大っ嫌い。なんでさ、そういうふうにして他人様の商売を虚業とかってバカにできるのかな。俺だったらそんなこと絶対に言えないですよ。だって他人様の商売じゃないですか。一生懸命頑張ってやってる人がいるのに、それを虚業とか言ってバカにするのは人間として最低」と嫌悪感をあらわにした。
 しかしその後で、「まあ、彼の映画は良い映画だと思いますよ。評論家としての井筒監督はまったく評価してないし最低だけど、彼の映画は良いですよ。こういう人が良い映画撮っちゃうんだよね」とフォローも忘れなかった。

この記事へのコメント