辛坊治郎氏 舛添要一前知事を「ただせこかった」…不徳の致すところとうなだれる

前東京都知事の舛添要一氏が28日、読売テレビ「そこまで言って委員会NP」に出演し、司会の辛坊治郎アナウンサーから「ただ、せこかっただけ」と評され、うなだれた。
 舛添氏が都知事を辞任した話題になり、辛坊アナは「世間は大いに勘違いしてますけど(元知事の)猪瀬直樹さんは一応略式起訴されて罰金50万円払って公民権停止中ですけど、舛添さんはよく考えてみたら」といったん言葉を切り、「ただせこかっただけ」と論評し、爆笑を誘った。舛添氏は2016年6月、政治資金を巡る疑惑を受け、知事辞任に至った。猪瀬氏は医療法人徳洲会グループからの5000万円受領問題で公選法違反の罪に問われ、2014年3月、東京地検に略式起訴された。東京簡裁は罰金50万円の略式命令を出し、即日納付された。
 舛添氏は「公民権ありますよ。選挙に出てもいいし、投票も行って来た」と軽口で応じた。前大阪市長の橋下徹氏は「舛添さんには何度も言いましたけど、最初に謝っておけばなんてことない問題だった」と指摘。舛添氏は「不徳の致すところです」と頭を下げた。


BBIkGUl[2].jpg


この記事へのコメント