梅宮アンナ、ユーチューバーに転向!甘い考えにネットでは「誰が見るの…」

タレントの梅宮アンナが11日、自身のYouTubeチャンネルを開設し、今後はYouTuberとして活動していく意向を示した。

3321146-1-2[1].jpg


 芸能界に入ってから26年が経ったという梅宮。同日に「梅宮アンナ ユーチューバーになりました!!」というタイトルで初動画を公開し、長年テレビの仕事をしていたものの、編集の仕方などからテレビに対して違和感を抱いていたことや、「YouTubeなら自分の好きなところを使って面白く編集できる」といったことをYouTuberに転向した理由として上げた。

 今後については、「梅宮アンナという人を自分が納得するようにみんなに伝えていこうかなと思います」と宣言し、その後は国内外の有名YouTuberと会ってみたいと語り、「ヒカキンさんと写真を撮ってインスタにアップしたいと思います」などと語った。

 しかし、このYouTubeデビューについてネットからは、「正直、誰が見るのよ…」「誰があなたの何を見るの?YouTubeに上げる話題があるの!?」「売れてるユーチューバーみたいになれるとでも思ってるのかな?」といった声が集まっている。

 「今や日本にYouTuberは2万人ほどいると言われています。その多くが知名度も収入もないことで苦しんでおり、たとえ芸能人であっても、付加価値や人気YouTuberとのコラボでもなければ、再生回数を伸ばすことができないのが実状です」

 有名YouTuberの知名度や収入に目を付け、テレビメディアへの出演が減少した芸能人がYouTubeに進出することは近年ではよくあることだが――。

 「元SMAPの草なぎ剛も人気YouTuberとのコラボやメンバーを出演させなければ、再生回数は10万回ほど。知名度と再生回数は決して比例しません」(前出・同)

 初動画公開から1日経過し、12日午前12時現在で再生回数は4000回ほど。チャンネル登録数は200人程度である。テレビ業界と違い、七光りも通用しないYouTubeの世界。果たして梅宮はYouTuberとして生き残ることができるのだろうか。今後を見守りつつ、応援したい。


この記事へのコメント