トップが回答拒否を連発、米テスラの株価急落

3日のニューヨーク株式市場で、米電気自動車大手テスラの株価が大幅下落した。
 イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が、前日の決算発表の投資家向け説明会で手厳しい質問に回答を拒否し、失望した売り注文が膨らんだ。

AAwIITm[1].jpg



 テスラ株の3日の終値は284・45ドルで、前日から約5・5%下がった。8%余り下落する場面もあった。
 マスク氏は電話を通じた説明会で、量産を目指すセダンタイプ「モデル3」の増産の遅れなどを質問されると、「つまらない、ばかげた質問だ」「いいかげんにしてくれ」と、いらだった様子になり、質問に答えなかった。短期で株式を売買するデイトレーダーに対し、「テスラ株を売って、もう買わないでほしい」とも発言した。


この記事へのコメント