山口達也さんの被害女性を傷つける、デヴィ夫人らオーバー70の価値観

AAwVqqw[1].jpg



TOKIOの元メンバー、山口達也(46)さんの強制わいせつ罪をめぐり問題化している、未成年の被害女性に対するバッシング。ジャニーズ事務所も、取材自粛を呼びかける事態になっている。
 テレビやSNSなどでコメンテーターやご意見番が、被害女性をさらに傷つける。
 タレントのデヴィ夫人(78)はツイッターで
「泥酔してキスを強要したことはわいせつ行為???」「酔った男性の部屋には行かない方が良いのでは」「泥酔男性のたかがKissでしょ」
 などと、まったくことの深刻さを理解できていないつぶやき。
 タレントのビートたけし(71)は「高校生に芸能活動をさせる親なら夜の管理をしないといけない」と苦言を呈し、歌手の中条きよし(72)はテレビのバラエティー番組の生放送で「部屋に行かなきゃいいじゃない」と被害女性の非を指摘した。

財務事務次官のセクハラにも言及

 聡明なジャーナリストとして知られる大宅映子(77)も、つい先日、TBSラジオで、こうしゃべった。
「キスするっていうのは、わいせつなの? すごくそこで違和感があった」
 と時代感覚のなさを自ら露呈。さらに
「有名人と1対1で会える、あこがれちゃうこともあるわけだし」
 と、暗に女子高生の行為を批判したのだ。
 ベテランジャーナリストとして見る目は正しいとばかりに、
「クスリを飲ませたりとかは犯罪だからとんでもない。ただ普通に、ちょっと触るくらいみたいの話が大犯罪のようになる社会が楽しいかい、というと私は違うと思う」
 時代にそぐわない、かび臭いご意見をマイクに乗せた。
 財務事務次官のセクハラ被害を告発したテレビ局の記者に対しても、セクハラについては基準が明確じゃないという立場で、
「取材の件でも1対1じゃないとネタは取れない、ということは危険を承知で会いに行くわけですよね。危険承知で行っているって考えないとまずい」
 と先輩ジャーナリストとしての心得を伝える。
 大宅氏は、違う意見を認めることとの重要性を訴える。それはまったく正しい見方だが、時代は変わり、新たなスタンダードや価値観は生まれる。古くてもいい価値観はいいが、酒席で女性の身体を軽く触ったり、わいせつな質問をするといった古くて悪い習慣が生き残ることはない。
 ちなみに山口達也さん以外に本稿に登場した人物の年齢は、オーバー70。これまでしみこんだ価値観を変えるには難しい年ごろということか。


この記事へのコメント