hugっと・プリキュアが4人からさらに2人登場

hugっと・プリキュアが4人からさらに2人登場する事が判明






毎週日曜日の朝に放送中のテレビアニメ「HUGっと!プリキュア」にこの夏、に登場する、新キャラクターのキュアマシェリとキュアアムール

のビジュアルが公開された。


新たなプリキュアが2人同時に登場するのは15年続く「プリキュア」シリーズ史上、初めてのこととなる。




無題.png




見たことのないとのためにあらすじを載せておくと・・・・


「超イケてる大人のお姉さん」になることを目指す主人公・野乃はなはラヴェニール学園に転入を控えた中学2年生。転校当日、前髪を切りすぎたり遅刻したりと大失敗し「めちょっく!」に陥る。その後、学校を散策しているとどこかから赤ちゃんの声が聞こえてきた。その夜はながベランダに出ると再び赤ちゃんの声が聞こえ、次の瞬間空から女の子の赤ちゃんが降ってくる。はなは驚愕するが彼女の笑顔を見てメロメロになり、そして彼女を「はぐたん」と名付ける。そしてはぐたんと一緒に来たハムスターみたいなハリハム・ハリーが「これはお前の未来のため!」とはなに謎のメッセージを伝える。
後日、クライアス社と呼ばれる謎の組織の幹部・チャラリートがはぐたんが持っているミライクリスタルを狙って現れ、そして怪物・オシマイダーを使役して襲ってきた。はなは「はぐたんを守る!」と決心し、それがミライクリスタル・ピンクの誕生と変身アイテム・プリハートを引き寄せた。はなはそれらを用いて「元気のプリキュア」キュアエールに覚醒し、それを見て「キュアエール…、はなやかな格好でめっちゃイケてる!」と自身の格好にはな高々。そしてオシマイダーを撃破しチャラリートを退却させる。戦闘後ハリーははなに「クライアス社はオレらの世界を壊滅させた悪の組織。そしてアスパワワとミライクリスタルを狙っており、それらが奪われると未来がなくなってしまう。それを守れるのが4人のプリキュアだ!」と経緯を説明する。それを聞いたはなはプリキュアとして戦うことと仲間を探すことを決める。
そんな時、はなと同じクラスで学級委員長を務める薬師寺さあやが接近し「空から赤ちゃんの声がした」とはなと同じ現象に遭遇したことを告白する。その後チャラリートが再び現れ、はなはエールに変身し対峙するも押されてしまう。エールのピンチを見たさあやははなとはぐたんを助けたいという意思を固め、その思いが呼応しミライクリスタル・ブルーが誕生する。さあやはそれとプリハートを使い「知恵のプリキュア」キュアアンジュに覚醒、エールを助太刀しオシマイダーを撃破する。エールは頼もしい相棒を見つけ、残りの仲間探しに弾みをつける。そしてハリーはアンジュが誕生したのを機に人間界で暮らすことを決め、女性の憧れがつまったお店「ビューティーハリー」を開店させる。
次にはなは仲間を探すべくスカウトを敢行、クラスメイトの輝木ほまれに白羽の矢を立てる。彼女は元々特待生のフィギュアスケーターであったが、ジャンプした時に負ったケガで不登校ぎみになってしまいクラスメイトから距離を置かれていた。しかしはなはそんなの気にせずほまれに近づき、彼女も次第に心を開かせつつあった。そんな矢先、またしてもチャラリートが現れ2人はほまれの前でプリキュアに変身する。エールたちを見たほまれは「エールのように高く跳びたい!」と思いが募り現れたミライクリスタル・イエローを取ろうとジャンプするが、前述のトラウマがよぎり取り逃がしてしまう。そこに後がなくなったチャラリートに漬け込まれ捕まってしまった。しかしほまれは「再び勇気を出して高く跳びたい!」と思いが再び募り再度ミライクリスタル・イエローが誕生する。ほまれはそれとプリハートを使い「力のプリキュア」キュアエトワールに覚醒しチャラリートを撃破する。戦闘後、ほまれははなとさあやに感謝を述べ契りを交わし、3人は互いを敬称略で呼び合うようになり、以降3人で学校生活を送りつつプリキュアとして戦うとともに、はぐたんの育児、ビューティーハリーの手伝い、はなの母すみれによる雑誌記事の企画として職業体験をするなど、行動を共にするようになった。
一方、クライアス社はチャラリートの代わりにパップルやルールーを送り込む。パップルは後にトゲパワワを注入しオシマイダーへと化したチャラリートを差し向け、街へ侵攻させるが、オシマイダーと化したチャラリートの心の声を聞いたプリキュアたちがその想いを受け止め、救いの言葉をかけるとともに、「プリキュアの剣」として実体化するもエールの意思で変化した新たなアイテム「メロディソード」による力で浄化され元の姿へと戻っていった。これを含めたプリキュアたちの戦いを分析していたルールーは、能力的には劣るのに突発的に力を発揮したり新たな力を得ることに興味を示し、自らがクライアス社のアンドロイドである事を隠した上ですみれの記憶を改竄、留学生の「ルールー・アムール」として野乃家で暮らし始める。だが、はなたちや、はなの妹ことりのクラスメイトでプリキュアを目撃してから彼女たちに憧れるようになった愛崎えみると交流する中で、次第にアンドロイドして持ち合わせないはずの感情が生まれはじめ、クライアス社の意思や命令とは異なる、人を救うための行動を起こし始める。ルールーはターゲットとなったエールの身代わりで攻撃を受け、そのままパップルによって連れ去られ記憶の消去と改造を受けてプリキュアたちに立ちはだかる。しかし、ルールーは戦闘の最中に記憶が戻るとともに苦悩し始め、その苦しみをエールが受け止めると共にルールーの中に「心」が生まれる。それを受け入れたルールーはクライアス社と決別しはなたちの元へ戻ることになったが、えみるはその光景を目撃、そしてプリキュアの正体がはなたちである事を知ってしまう。
エール・アンジュ・エトワールの3人ははぐたんとミライクリスタル、そしてみんなの未来を守るためクライアス社と対峙する。



logo[1].png






この記事へのコメント