中国がレーザー光線中を開発した件

中国がレーザー光線中を開発した件について






56849684.jpg



中国がレーザーアサルトライフル「ZKZM-500」の開発に成功したとのこと、そして生産を計画しているそうです。


87796846.jpg


中国科学院の西安工学精密機械研究所の研究者の方は


「これは口径15mmでAK-47とほぼ同じく、重さが3kg。そして射程距離は800mで自動車やボートや飛行機にも搭載が可能となっています。人質が囚えられたような場合では、部隊が救助に向かう中、ガラスを透過して容疑者を狙うこともできます。軍事作戦にも利用が可能で、光線は飛行場のガスタンクを爆発させるほど強力なのです」

と語っているそうです。

そしてなんとすごいことに、射撃音は無音で光線については、不可視であり、撃たれた本人は、気付かないまま服に穴が開き、そしていきなり皮膚が炭化してしまうとのことでした。

気になる、こちらのレーザーアサルトライフルZKZM-500の値段ですが、およそ166万円だそうです。
そして気になる性能ですが、2秒間の射撃が1000回撃てるそうです。
基本的に、軍と警察にしか所持できないよう規制を厳しくするとのことです。



ネットの反応は、

いよいよ現実化するのか。

ウソくせーなw

普通の銃よりも殺傷能力が低いので、警察向きな気がする。どこに当たろうと、死にはしないようなので。

ちょっとマジで実用レベルじゃないですか

思ったよりもリアルなSF。


などがありました。


この記事へのコメント