痩せる食べ物についてb型

痩せる食べ物についてb型




i=https%3A%2F%2Fs.eximg.jp%2Fexpub%2Ffeed%2FMyreco%2F2017%2FMyreco_12329%2FMyreco_12329_b1e262db343bbcac0703_1.jpg



血液型によってダイエット方法が違う!?

例えば、〇〇の食事方法がダイエットに良い!とか、●●の食材がダイエットに効果的、△△運動など、流行りのダイエット方法は常に世に蔓延っています。

ダイエット特集などテレビで豆乳が良いと言われれば、次の日スーパーに行ってみると、豆乳がなかったりなんてことありませんでしたか?
豆乳同様、バナナや納豆もそんなことがあったような気がします…。
では、血液型とダイエットって、どんな関係があるの?と思いますよね。

人が男性や女性、国籍など多種多様なように、血液型も4タイプに分かれています。
男性と女性で、効果的なものやそうじゃないものがあるみたいに、血液型によって、効果のあるものと効果が薄いものがあります。

それは、体そのものの見地からでも言えますし、性格的なものからでも言えます。

体そのものでしたら、血液型によって効果的な食事や食材などもあります。それによって、レシピもあったり。
B型の性格的なものを利用した、運動方法もあります。
ということで、血液型によってダイエット方法が違うんだ、ということは何となく「へぇ~」な感じがしますが、B型のおすすめダイエット方法を【食材】【食事・レシピ】【運動】と分けて紹介していこうと思います。

B型の方、必見です!
B型おすすめダイエット【食材】①肉類
B型におすすめの食材としてまず肉類ですが、B型には羊肉(ラムやマトン)がいちばんおすすめです。
特にラム肉がいちばん痩せやすい食材の肉です。

ラム肉はヘルシーな肉として有名です。また、コレステロールを上昇させない不飽和脂肪酸も充実しています。
ふだんの食事として摂るのは少し難しいですが、外食で食べるのも良いと思います。


B型ダイエットにおすすめできない食材
逆に、肉類でB型にとっておすすめできない食材がベーコン、ハム、豚肉や鶏肉、また馬肉が挙げられます。
特に、鶏肉が痩せにくい食材の肉と言われています。

豚肉や鶏肉、ベーコンやハムはふだんの食事でも取り入れやすいだけに、少しショックですよね。
でも、食べたら即太る!というわけではありませんので、他の痩せやすい食材と一緒に摂ることで、効果を発揮してくれると思います。


B型おすすめダイエット【食材】②魚介類
次にB型におすすめの魚介類です。
さばやいわし、さけ、カレイ、キャビアなどです。

キャビア以外、比較的ふだんの食事でも取りやすい魚です。
特に、さけは美容にも良いと言われている魚なので、ぜひ食事に取り入れてみましょう。


B型ダイエットにおすすめできない食材
B型におすすめできない魚介類ですが、簡単に言ってしまうと、魚以外の魚介類全般です。

具体的に食材を挙げると、えび、かに、かき、などです。
特に毎日摂取する食材でもありませんので、季節の食材として美味しい季節だけに食事に取り入れる程度で大丈夫です。

B型おすすめダイエット【食材】③乳製品と卵
B型におすすめの痩せやすい食材として、特に乳製品がおすすめです。
B型は乳製品が効果的という特徴がありますので、その特徴を生かして、ダイエットの効果を最大限に発揮していただけたらと思います。

具体例として、牛乳、ヨーグルト、スキムミルク、モッツァレラチーズなどです。
腸内環境を整える意味でも、乳製品は毎日摂りたいですね。


B型ダイエットにおすすめできない食材
B型におすすめできない乳製品や卵では、アイスクリームやブルーチーズ、うずらの卵などです。
特にアイスクリームは、ダイエット中には控えたい食べ物のひとつになりますので、ちょうど良いかもしれません。
また、ブルーチーズやうずらの卵もそんなにふだんの食事に取り入れる機会もないので、乳製品はあまり気にせず摂取できそうです。


B型おすすめダイエット【食材】④油脂
B型におすすめの痩せやすい油です。ずばり、オリーブオイルです!
その他の油は、痩せにくい部類に入ってしまいます。

オリーブオイルは体にも良いと言われていますし、美容にも良いと話題になっています。
オリーブオイルを何種類か持っておいて、料理によって使い分けると効果的だと思います。


B型ダイエットにおすすめできない食材
簡単に言えば、オリーブオイル以外全般です。
具体的に挙げると、ココナッツオイルやコーン油、ごま油やひまわり油などです。特にコーン油はB型にとって、痩せにくいというよりも、"太りやすい"油なので、ふだんの食事で控えた方が良いかもしれません。


B型おすすめダイエット【食材】⑤ナッツ類
B型にとってダイエットに効果的なナッツ類は、くるみ、です。
飽きっぽいところがあるB型にとって、あれとこれとそれと…と言われるよりも、これが痩せやすい食材です、とひとつの食材だけを挙げられた方が、逆に簡単で良いかもしれません。

くるみは美肌効果や疲労回復など、嬉しい効果がたくさんあります。でも、食べ過ぎるとお腹を壊したり、太る原因にもなってしまいますので、注意が必要です。


B型ダイエットにおすすめできない食材
くるみ以外の全般…と考えたら良いかと思います。
特に、ピーナッツやごまはB型にあまり合いません。その他だと、カシューナッツやピスタチオなどです。

いずれにしても、食べるとニキビができてしまいそうなナッツばかりです。
これらのナッツがB型にとって合わないナッツでちょうど良かったと、ポジティブに考える方が良いでしょう。


B型おすすめダイエット【食材】⑥豆類
B型におすすめの豆類です。
赤いんげん豆や白いんげん豆、らい豆がおすすめです。

ふだんあまり聞きなれない豆類ですが、豆類が多数パッケージングしてあるものがスーパーなどで販売されています。
〇〇豆をというよりも、バランス良く様々な豆類と一緒に摂取する方が簡単だと思います。

ちなみに、それぞれの豆類の期待できる効果です。

【赤いんげん豆】
眼精疲労などの回復効果を期待できます。また、花粉症予防にも。

【白いんげん豆】
ブドウ糖の吸収を抑制する効果があるので、肥満予防にも。
但し、しっかり加熱していないと嘔吐などの可能性もあるので、食事に取り入れるときは十分加熱することを心掛けてください。

【らい豆】
らい豆は様々な効果が期待できます。高血圧を予防する効果もあります。
様々な栄養が含まれているので、体にって嬉しい食材のひとつです。


B型ダイエットにおすすめできない食材
あずきや緑豆(もやし)、黒いんげん豆、豆腐、豆乳などです。

特に意外なのが豆腐や豆乳です。
健康や美容に良いと話題の豆乳が、実はB型にとって痩せにくい食材だったなんて…
でも、豆乳を飲んでも全く意味が無いというわけではありませんので、そこまで神経質にはならなくて良いと思います。
豆乳には豆乳の良さがあります。豆乳好きの方は止めてくださいというわけではないので、ご安心ください。

因みに豆乳は生理前などに効果があるみたいなので、こちらを参考に豆乳ダイエットをしてみるのも良いかもしれません。


B型おすすめダイエット【食材】⑦パン
B型におすすめのパンの種類です。
玄米パンやきびパン、ライスケーキがダイエットにおすすめのパンになります。

ふだんの食事に取り入れるのであれば、玄米パンがいちばん簡単かと思います。
その他でおすすめのパンとしては、フィンクリスプやエッセネパンなどです。パン屋さんで探してみたら楽しいかもしれません。


B型ダイエットにおすすめできない食材
全粉小麦パンや、ライ麦100%のパン、ベーグル、多穀類パンがB型におすすめできないパン類です。

B型はパン類よりも米の方が体質的に合っているようなので、米を主流としたレシピを考えた方が良いのかもしれません。
朝ごはんは必ずパンだという方は、ヨーグルトなどと一緒に摂ると良いですよ。


B型おすすめダイエット【食材】⑧穀物
B型にとって良いとされる食材は米粉とオート麦です。

食材の方も、わがままなB型の性格を分かっているのでしょうか?
あまりたくさんの種類がおすすめ食材として挙がってきません。

特に米粉パスタは流行ってきていますので、お店で食べる機会もあるかと思います。


B型ダイエットにおすすめできない食材
B型におすすめできない穀物はそば粉、ライ麦、とうもろこし、強力粉などです。

あれもダメ、これもダメとなると、悲しくなってしまいますよね。
蕎麦好きの方にとってはショックな事実です。

でも、乳製品や魚などB型にとって良いとされる食材をきちんと摂っていれば大丈夫ですので、あまり神経質にならず、穀物類の食事を楽しんでください。


B型おすすめダイエット【食材】⑨野菜
B型にとって良いとされる野菜は、その種類もたくさんあります。

にんじん、ブロッコリー、ほうれん草、白菜、キャベツ、しいたけ、さつまいも、なす、カリフラワーなどです。
今話題のビーツもB型にとっておすすめの食材です。


B型ダイエットにおすすめできない食材
意外な野菜がB型にとってはあまり意味をなさないと言われています。
それは、トマトです。
トマトはダイエットや美容に効果的と謳われていますが、B型にとってはあまり意味がないかもしれません。

その他では、かぼちゃやかいわれ、もやしやとうもろこしなどが挙げられます。


B型おすすめダイエット【食材】⑩果物
B型にとって良いとされる果物は、葡萄やバナナ、パイナップル、スイカ、クランベリーなどです。
ふだんの食事に取り入れやすい果物なので、嬉しいですよね。

実はゴリラの血液型は皆B型だそうです。
ゴリラが食べているものとB型の良いとされる食材は類似しているところがあります。
ダイエットしたいなら、ゴリラが食べている食事を真似したら良いですよ、と謳っていたりもします。


B型ダイエットにおすすめできない食材
B型ダイエットにあまりおすすめできない果物として、ココナッツ(果実でもミルクでも)、ざくろや柿、アボカドが挙げられます。

アボカドは食べる美容液とも言われていますが、B型にとってはあまり意味がないのかもしれません。
ココナッツやざくろなどはふだんあまり食べることのない果物なので、そんなに気にしなくても良いと思います。


B型おすすめダイエット【食材】⑪飲料
B型に良いとされる食材、次は飲料です。
B型にとって痩せやすい飲料は、ずばり、緑茶です。

緑茶って体に良いですし、緑茶に含まれるカテキンが注目を浴びています。

緑茶カテキンの効果を簡単に紹介すると、殺菌作用がある事、中性脂肪を減らす、病気にも効果的といったものがあります。
日本人のみならず、外国人にも人気の緑茶、B型は進んで飲むことをおすすめします。


B型ダイエットにおすすめできない食材
逆に、B型にとって瘦せにくい飲料は炭酸飲料や炭酸水、蒸留酒などです。

炭酸飲料は、糖が含まれているものも多くありますので血液型に関わらずあまりおすすめはできないかもしれません。
炭酸水はダイエットにおすすめと言われてはいますが、B型にとってはあまり意味がないのかもしれないです。

蒸留酒とはどんなお酒かというと、焼酎、ブランデー、ウイスキーなどです。
蒸留酒になる前に、醸造酒という種類のお酒のステップを踏んでいますので、醸造酒を含むお酒もあまりおすすめできないかもしれません。
因みに醸造酒は、日本酒、ワイン、ビールなどのお酒が挙げられます。

お酒とB型の関係については後ほど詳しく紹介していますので、そちらも参考にしてみてください。


B型おすすめダイエット【食材】⑫調味料
B型に良いとされる調味料です。
パセリやカレー粉、赤唐辛子などが挙げられます。

どの調味料も様々なレシピで活用できそうです。ふだんの食事に取り入れることができる調味料ばかりなので、簡単です。
例えば、B型に効果が薄いといわれる食材ばかりのレシピでも、これらの調味料を使うことによって逆に効果的なものに変えることができるかもしれません。


B型ダイエットにおすすめできない食材
B型にとって痩せにくい調味料の種類ですが、効果がある調味料の種類よりも多いです。

味噌や醤油、化学調味料、こしょう(白・黒)、砂糖、ウスターソース、シナモン、ステビア(甘味料)などです。
その他まだまだありますが、あまり身近ではないので割愛しています。

でも、砂糖や化学調味料は血液型に関わらずできるだけ摂りたくない調味料ですよね。
そういった意味では特に気にする必要はないかもしれません。

B型おすすめダイエット【食事・レシピ】
具体的にB型には、どんなレシピがおすすめなのか、特におすすめなレシピをふたつ紹介したいと思います。



子羊のロースト
骨付き子羊の塊肉と塩コショウでできる簡単レシピです。

まず塩コショウを子羊肉に振っておき、オーブンで焼くだけでできます。
オーブンで焼く時間は、焼き加減やお好みによって異なりますが、だいたい160℃から200℃で、合計25分程焼けば良いレシピです。

添える野菜は、せっかくなのでB型に良いとされるブロッコリーやにんじん、しいたけなどにしてあげたら完璧です。


白いんげん豆のスープ
白いんげん豆はB型にとって、良いとされる食材です。

レシピも白いんげん豆やパセリ、生クリームなどでできます。
白いんげん豆に限らず、B型に良いとされるいんげん豆を多数使ったスープレシピを開発しても良いと思います。
レシピ投稿サイトなどで豆類を使ったレシピが多数ありますので、それを参考にして、ふだん摂ることのない豆類を取り入れたら良いと思います。


B型おすすめダイエット【運動】
さて、食材や食事、レシピを紹介していきました。
トマトや豆乳など、少しびっくりという食材もあったかと思います。
食材も大事なダイエット要素になりますが、運動も欠かせません。

B型におすすめの運動方法を紹介していきたいと思います。


【B型におすすめの運動方法】スポーツジム
B型の性格上、飽きっぽいところがあります。
ですので、ひとり黙々とウォーキングやジョギングをするというのは向いていません。継続力に欠ける場合があります。

スポーツジムがなぜ良いかというと、色んな運動ができるからです。
スポーツジムでの黙々とずっとウォーキングマシンで運動はできませんが、色んな運動を次から次へとやっていくのであれば、効果的です。


【B型のおすすめの運動方法】皆でワイワイ
飽きっぽいB型の性格から、ひとりよりも、皆でワイワイと楽しみながら運動するのもおすすめです。
皆でワイワイ運動するとしたら、ヨガやテニス、バドミントンなどが良いですね。
また、皆でハイキングや登山をするのも運動の一貫になって良いと思います。


B型の性格を利用してダイエットをする
運動も食事も、B型の性格を大いに利用してダイエットをするのがおすすめです。
とことんこだわりたいのであれば、B型にとって良いとされる食材のみで、レシピを考えるのも有りだと思いますが、マイペースでわがままで飽きっぽいというB型の性格上、何もかもキッチリは長続きしません。

ただ、B型はいったんスイッチが入るとこだわりを持ったりする特徴があるので、何が自分にとってスイッチになるのかを考えたら、ダイエットも成功する確率が上がるのではないでしょうか。


B型とお酒【要注意】
血液型と飲酒性向も実は関連があって、血液型によってお酒の飲み方が違ったりもします
B型とお酒で考えると、B型は決してお酒が強いわけではありません。

ダイエットに効果がある無しで考えたら、蒸留酒があまりおすすめではないと紹介しましたが、蒸留酒はどちらかといえばアルコール度数も高めのお酒が多いです。

蒸留酒の前段階で、醸造酒というお酒のステップを踏みます。
そう考えたら、醸造酒含めたお酒全てB型にとっておすすめできないお酒となってしまいすが、ダイエットのために禁酒しましょうなんて、酷な話ですよね。


因みに、B型はお酒を飲むと根明な性格になったりします。
お酒を飲む時くらいは、血液型によって効果がある無しはあまり考えず、楽しく飲みたいものです。


この記事へのコメント