鬼門除けの方位除け

鬼門除けの方位除け



yjimage.jpg

鬼門という風習をご存知の方は多いことだろう。鬼の門とは何ともおどろおどろしい名前であるが、日本では古来より、鬼が災害疫病などすべての災厄の元凶であるとして、何より恐れていた。

おかげで古い街並みの中には、いたるところで様々な種類の「鬼門除け」が発見できる。鬼門除けとは名前の通り、鬼を除ける魔除けのことを言う。そこで今回は、京都の街を巡りながら、実際に見ることができる鬼門除けをいくつかご紹介しよう。

ちなみに鬼門とは、北東方向に存在する鬼が出てくる門とされていて、古くから畏怖の対象となっていた。なぜ北東なのか?鬼の正体とは何なのか?ということについては「鬼門との正しい付き合い方、日本人が恐れる鬼の正体とは」の中でご紹介しているので、ご覧頂ければ幸いである。

ではまず、京都で見られる鬼門除けの種類からご紹介しよう。大きく分けて三通りの方式があり、一つ目は、とにかく鬼門には一切かかわってはならないという、放置タイプである。

これは、古代中国の家相書である「黄帝宅経」の中にある、「鬼門は近寄らず荒れるに任せるが吉、触ることは凶。」にならったもので、手入れをしたり近付いたりすれば凶事を招くとして、敷地の北東の「角部分」は雑地のままに放置し、庭として手を入れることもしないというものである。

古くからある諺に「触らぬ神に祟りなし」というものがあるが、まさしくその通りの鬼門除け方式で、同じような禁忌として、開かずの間や禁足地などがある。この方式は、現在でも多く残されており、寺院や旧家、庭園などにその例を見ることができる。


yakuyokebana-.jpg

虹の7色による厄除けブレスレット(両虹全8ミリ) 100050


この記事へのコメント