風水師と黒門について

風水師と黒門について




images.jpg


黒門風水の特徴は?
風水には、様々な流派があります。
古くから伝わってきた由緒正しき伝統的な流派もあれば、
風水師さんがオリジナルで理論を確立した流派などもあります。



それぞれ言っていることが真逆だったりすることもあり、



「一体、どの風水師が言っていることを信じれば良いのか!?」



と、混乱してしまうことも少なくありません。



そんな中、ここ数年で耳にする機会が増えたのが「黒門風水」。
「黒門」の由来は、黒門(こくもん)さんという風水師さん。
雑誌やテレビなどメディアにも度々登場していますので
お顔をご覧になったことがある方も多いのではないかと思います。



黒門風水の特徴は、簡単に言うと、
伝統的な「八宅風水」「八字風水」「奇門遁甲」の3つの流派を
黒門さん流にミックスしてオリジナルな使い方をすることです。



八宅風水については、「風水にはどんな流派があるの?」でもご紹介していますが、
その人自身の吉凶方位(本命卦)×家の吉凶方位をベースとしています。



一方、八字風水は、年月日時の干支を元にして
生まれながら持っている運勢の弱点を知り、
それを風水のテクニックで改善していくという流派です。



最もポジティブなアクションを起こせそうなのは、奇門遁甲。
遁甲専門の暦を使って「盤」というものを作り、
これを元にしてある日時の吉方位を割り出します。
その吉方位へ移動することによって、未来を好転させることができるというわけ。
あくまでも、「方位」に重きを置いた風水ですね。



いずれの流派も、良くない気の流れを
「仕方ないね」とそのまま放置するのではなく、
少しでも良い方向へ改善することによって幸運へ導こうという
風水本来の前向きな姿勢が感じられます。



ここが、黒門風水にファンが多い秘密なんでしょうね。


yakuyokebana-.jpg

虹の7色による厄除けブレスレット(両虹全8ミリ) 100050

この記事へのコメント