本命卦と離について

本命卦と離について




images.jpg


本命卦とは
生まれた年と性別から導き出すことのできる八卦を「本命卦(ほんめいか)」と言います。
本命卦を調べることで、それぞれの人にとっての「吉方位(きちほうい、きっぽうい)」と「凶方位(きょうほうい)」を知ることができます。

下図より本命卦を調べてみましょう。

生まれ年 男性 女性
昭和12、21、30、39、48、57、平成3、12、21、30 離 乾
昭和13、22、31、40、49、58、平成4、13、22、31 艮 兌
昭和14、23、32、41、50、59、平成5、14、23、32 兌 艮
昭和15、24、33、42、51、60、平成6、15、24、33 乾 離
昭和16、25、34、43、52、61、平成7、16、25 坤 坎
昭和17、26、35、44、53、62、平成8、17、26 巽 坤
昭和18、27、36、45、54、63、平成9、18、27 震 震
昭和19、28、37、46、55、平成元年、10、19、28 坤 巽
昭和20、29、38、47、56、平成2、11、20、29 坎 艮
※ここでは年の境を立春と考えています。
そのため、1月~2月3日(2月2~4日)に生まれた人は前年のものを本命卦としましょう。

八宅盤
本命卦が割り出せたら、下図から自分の吉方位と凶方位を知ることができます。
また、このように方位と吉凶の書かれたものを「八宅盤(はったくばん)」と言います。


吉方位
まずは、吉方位から説明していきます。

吉方位
生気 この方位は「せいき」と読み、吉方位の中で最大吉です。活力がわき積極的に行動できる方位と言われています。 この吉方位へ旅行に行ったり引っ越し先に選んだりすると良いとされ、仕事の発展や運気上昇につながるとされています。
天医 「てんい」と読みます。大吉です。集中力を高めデスクワークや勉強に最適な方位とされています。 健康運の上昇も図れるため、寝室にも最適と考えられています。 気分が下がっていたり、体調が優れないときなどは、この方位で睡眠を取ると良いと言われています。
延年 この方位は「えんねん」と読み、中吉です。周囲との協調性が高まり、人間関係が好調になる方位と言われています。 また、恋愛運や結婚運を上昇させる方位でもあると考えられています。
伏位 読み方を「ふくい」と読み、小吉に当たります。平穏で家庭関係の運気を上昇させる方位とされています。 夫婦円満や穏やかな家庭環境を望む人には最適な方位と言われています。
凶方位
続いて「凶方位」の説明をしていきます。

凶方位
絶命 この方位は「ぜつめい」と読み、一番悪い最大凶です。仕事面でのトラブル、お金についてのトラブル、活力や健康運が低下する方位と言われおり、この方位で生活することや活動拠点にすることは自身の運気低下に拍車をかけるとされています。 人生の大半を過ごす、仕事場や自宅などがこの方位にある場合は、引っ越しをしたりすると運気の上昇につながるでしょう。
五鬼 「ごき」と読み、絶命の次に悪い大凶です。事故に巻き込まれやすい方位と考えられています。 この方位に旅行や、引っ越しをすると事故を招きやすくなるため、旅行前や引っ越し前などは十分に注意すべきと言われています。
六殺 「よくさつ」と読みます。中凶です。人の争いや喧嘩、異性関係のトラブルなどを招く方位と言われており、同居する人や新しい環境に移るときなどは、この方位は避けるべきと考えらえています。 また、自暴自棄を招きやすい方位でもあるので注意しましょう。
禍害 凶方位では一番弱い小凶です。読み方は「かがい」と読みます。小さなトラブルや、健康運の低下、お金の損失を招きやすい方位と言われています。 他の凶方位と比べ悪影響を及ぼすことが少ないと言われていますが、避けるに越したことはなく、運気上昇のためには注意すると良いでしょう。
方角が司る運
方角にはそれぞれ司る運があり、風水では家を建てる時や引っ越しをするときなどに多く用いられます。
また、家の中でも寝室や書斎を変えるだけで自身の運気上昇につながると言われています。


金運、愛情運を司るとされています。
色は水色と黒、水の気をもつこの方角は、常に整理整頓し、綺麗に保つべきだと考えられています。
散らかっていたり、汚いと、悪い気を放つようになるため、常に掃除をすることを心がけると良いでしょう。
また、暖色のインテリアグッズを置くことにより運気が上昇すると言われています。

北東
貯蓄運や転職運を司るとされています。
色は黄色、茶色でこの場所を不衛生にしておくと、すぐに悪い気がたまるため、ここも常に掃除をし、綺麗に保っておくべきだと言えるでしょう。
山を象徴していると言われているため、背の高い家具などを置くと良いとされています。


仕事運、勉強運、発展運を司ります。
色は緑や黄緑で、音の出るものや情報を発信しているものを置くことで気の流れが良くなり運気上昇につながるでしょう。
また、東は書斎や仕事する場所などにすると良いと言われています。

南東
恋愛運、結婚運を司るとされています。
色は濃い緑や濃い青。多くの人が出入りする玄関などにすると、自身の運気上昇につながると言われています。


知性運、美容運を司るとされており、色は赤や紫です。
悪い気を追い払ってくれる方位とされているため、活力がない時などはこの方位からもらってくると良いでしょう。

南西
家族運、不動産運などを司っており、色は黄色です。
北東とは反対で大地などを象徴しているため、背の低い家具や植物を置くと運気が上昇するでしょう。

西
金運、恋愛運を司るとし、色は金、白、銀です。
金運に最大の効果を発揮する方位で、金運を上げたい場合は何か金のものを置くと良いでしょう。
また、恋愛運を上げたい場合は、ピンクの可愛らしいインテリアグッズを置くと良いとされています。

北西
貯蓄運、社会運、出世運を司る方位と言われています。
色は、白や銀です。
この方位は、社長室やリーダーが拠点にする部屋に最適とされています。
また、金運を上げたい場合は北西を寝室にすると運気が上昇するでしょう。



img_top.jpg

風水鑑定士養成講座(導入編)

この記事へのコメント