オーバーヘッドキック動画について

オーバーヘッドキック動画について




images.jpg




サッカーで最も華やかな技術
サッカーのオーバーヘッドキックは、サッカー選手が一度は試合で決めて見たいと思うほど華やかであり、なおかつ難易度の高い技術です。近年であれば、クリスティアーノ・ロナウドがオーバーヘッドキックで得点を決めたニュースが世界中で取り上げられたように、サッカーでは特別な技術であり、プロの選手ですら憧れるシュートです。
また、オーバーヘッドキックはシュートだけでなく、ディフェンダーがクリアする時にも用いられ、ゴールに入るギリギリでオーバーヘッドキックを行い、ボールを掻き出す姿はシュートと同様に見ている人たちを魅了します。
このようにオーバーヘッドキックは攻守両面において使われ、人々の心を掴んで離さない、サッカーにおけるスペシャルな技術です。
バイシクルシュートとの違い
サッカーのオーバーヘッドキックとよく似た技術にバイシクルシュートがあり、どう違うのかわからないという言葉をよく耳にしますが、正確にはオーバーヘッドキックの種類の中にオーバーヘッドキックシュートとバイシクルシュートがあると定義できます。
オーバーヘッドキックとは、自分の頭上を超えるボールを蹴ることを意味しますが、サッカー現場では多くの場合、片足で踏み切り、体を縦回転させながら空中で踏み切り足とは逆の足で蹴るシュートのことを指します。
一方バイシクルシュートは蹴る方の足を振り上げ、勢いをつけて体を縦回転させながら空中で蹴るシュートを指し、自転車を漕ぐような足の動作からそのように名付けられています。
つまり、ボールを蹴る足を振り上げるかどうかの違いがオーバーヘッドキックシュートとバイシクルシュートの大きな違いです。
メリットとデメリット
サッカーのオーバーヘッドキックのメリットとして、観客に驚きを与えることができる、ヘディングでは届かないボールを処理することができるという2点が挙げられます。サッカーは見る人を楽しませるというのも大切な目的であり、オーバーヘッドキックはその観客に驚きを与え楽しませることができます。また、ヘディングでシュートを打てないようなクロスが上がってきた場合、オーバーヘッドシュートをすることで強く、なおかつ相手ゴールキーパーの虚をつくことができます。
デメリットとしては怪我をする、また怪我をさせるリスクが高いということで、着地を失敗すると首から落ちたり、腕を骨折することがあり非常に危険です。また、足を振り上げるため、近くに相手選手がいた際に頭や顔を蹴ってしまい、怪我を負わせてしまうということもあります。


54646546465.PNG

【サッカー】一人でもできるサッカー上達法オンライン(スマホやタブレットでネット環境があればどこでも見れるサッカートレーニング動画です)

この記事へのコメント