オフサイドとはについて図解

オフサイドとはについて図解




images.jpg


まずはじめに、オフサイドを理解する第一歩として

『オフサイドライン』

というものを覚える必要があります。



「なんでオフサイドというルールがあるの?」というのは後にして、まずはオフサイドの言葉の意味から理解してください。そっちのほうがわかりやすいので。

オフサイドラインとは
その時に一番後ろで守っているゴールキーパー以外の選手をポイントにして、真横に真っすぐ引いた線だと思えば大丈夫です。(厳密に言うと後ろから2番目の選手)



図は白チームと黒チームが対決しているものですが、それぞれのチームのオフサイドラインを水色で表しています。

20160805221506.jpg

つまり試合中は常に見えない2本のオフサイドラインが発生しているということですね。

そして、一番後ろの選手が前に出たり後ろに下がったり、他の味方選手と入れ替わったりすることでこのオフサイドラインが上下します。

オフサイドとは
そしてオフサイドとは、相手のオフサイドラインを超えた位置でパスをもらう行為のことを言います。



つまり、こんな状態でパスをもらうとオフサイドになってしまいます。


20160805011914.jpg




これはセーフ

20160805014001.jpg




これはアウト

20160805014036.jpg

少しでも超えていたらダメ



そしてオフサイドの基準は、パスを出す選手がボールを蹴った瞬間。つまり足がボールに当たった瞬間に、パスを受け取る選手がこのオフサイドラインを超えているか超えていないかで決まります。



どういうことかというと



先ほどのセーフの位置にいるときにボールが蹴られて

ボールが転がっているときにアウトの位置まで選手が移動した場合。



これはボールが蹴られる瞬間オフサイドラインを超えていない位置にいたのでセーフになります。



つまり、オフサイドラインを超えた位置でパスを貰おうと思ったら、ボールを出す側の蹴る瞬間を見極めて、うまくオフサイドラインを超えなければいけないのです。



サッカーには複数の審判がいるのはご存知かと思いますが、その中でも旗を持った副審と呼ばれる審判が、常にこのラインを真横から見えるようにサイドを頑張って走っています。

なんでオフサイドがあるの?できた理由は?
オフサイドについてはやんわり理解していただけたかと思いますが、どうしてオフサイドというルールが作られたのかはなんとなく想像できますか?



これはサッカーが生まれて間もない時代の話になりますが、まだ手を使ったらいけないというルールだけでサッカーが行われていた頃、「自チームを離れて敵の男たちの中にこそこそ入る行為」は卑劣とされ、卑劣な行為で勝敗が決まってしまうことを防ぐためにオフサイドが作られたと言われてます。



おそらくこれは「前で待ち伏せしてるのなんかズルくない??なんか良いルール考えよ~」みたいな感じだったんだと思います。



たしかに、オフサイドのないサッカーはゴール前が常に団子になって退屈そうですよね。



54646546465.PNG

【サッカー】一人でもできるサッカー上達法オンライン(スマホやタブレットでネット環境があればどこでも見れるサッカートレーニング動画です)

この記事へのコメント