ハンドボールとエリアと内とディフェンスについて

ハンドボールとエリアと内とディフェンスについて




download.jpg



ハンドボールのルールについて質問です。(エリア内ディフェンス)

自分がディフェンス側の時に、
シューターが投げたボールを空中ではじいて、
ボールが外に出たあと、自分がゴールエリアに入ってしまうのは、

エリア内ディフェンスになるのでしょうか?

空中ではじく場合は反則にならないのでしょうか?

詳しく教えていただけたらありがたいです。

補足
ジャンプシュートのモーションに入った人に触れるボールを触るなどは、反則だと思うのですが、シューターが投げて、手から離れたボールをはじく(ゴールエリアの空中)のもだめなのですか?


空中でボールをはじくのはゴールエリア内でも大丈夫です。
補足については、厳密に言うとルール上は問題ないです。
しかし、あくまでもシューターの手から完全にボールが離れたあとに弾く分にはOKです。
つまり後方もしくは横からのブロックはダメです。まあエリア外でもダメですが。
質問者様の状況だとシューターに遅れて飛ぶわけですよね?
非常に危険なプレーとしてペナルティースロー+2分間退場になると思います。

現実的に考えてシューターの手から離れたボールをブロックというのは不可能に近いと思いますよ。
自分では離れたと思っても笛がなることが多いと思います。
それくらいイチかバチかの状況なら別ですが。




この記事へのコメント