ハンドボールとディフェンスとファールについて

ハンドボールとディフェンスとファールについて




download.jpg


ハンドボールについて
ファールの定義がよくわかりません。どのようになればファールになりますか?

他の方が答えてくださったことについて補足(?)させていただきます。
順番はめちゃめちゃですがご容赦ください。

まず、ファウルといっても、2種類あります。
フリースローで再開する、「正当なディフェンス」と
イエローカード(警告)、または退場の措置がとられる「危険なディフェンス」です。

ハンドボールのディフェンスでは、
「正面からの接触」「ボールを守りに行くこと」などは
認められています。そのほとんどは「フリースロー」でゲームを再開します。
ハンドでフリースローをとるのは正当なディフェンスなのです。

チャージングは、ディフェンスがオフェンスより先に、
ゴールライン外に位置取っていた場合とられます。
ディフェンスをしていた側のフリースローで再開します。
しかしディフェンスがゴールラインに侵入していたり、
ラインを踏んで移動した場合は「ライン内防御」(こんな感じの名前…)
をとられ、ディフェンス側のファウルとなり、得点が入らなければ
7mスローが行われます。
イエローカードが出され、最悪退場です。
尚、ディフェンスが先に正しく位置取り、そこにオフェンスが
ぶつかって、ディフェンスがライン内に侵入してしまっても、
チャージングとなります。
それを「ライン内」とみなすのは古いやりかただそうです。

プッシングは、相手を突き飛ばすなどの(イエローカードモノの)危険なものから、
フリースローで再開する、いわば普通のディフェンスまで、幅が広いです。
定義としては、正面から、体を密着させるように肘を曲げ、
そのまま相手の正面になるよう移動しながら守っていれば
フリースローとなるはずです。
横から押すのは、即警告、退場です。

ホールディングも、後ろから掴むと警告、退場がとられますが
ボールを守りにいくのはいいそうです。

トリッピングは恐らくすべて警告(イエローカード)になります。
わざとひっかけられたように跳んだ選手もいるそうです。
(確か韓国の人)
サイドディフェンスの人などは、わざとでなくてもとられてしまう、というのは
分かってもらえると思います。

他にもユニフォームを掴む、キーパーが動いていないのに
顔面にシュートを当てる、シュート体勢に入ったプレイヤーにさわる、
フリースローで、3m離れず何度も注意される…などなど
細かい反則がいろいろあります。

時代につれてルールもどんどん変わっています。

そして皆さんおっしゃるように、「審判は神様」なんですね。
周りの人が「アレは○○だ」といっても
審判が「××です」といったら従うしかないんですね。

こんなことがありました。
自分の学校のチーム(男子)の試合ですね…
残り1分、同点、必死に守っていたら、
相手のプレーヤーがボールを持ったまま両足を
コートから踏み外したんです。
明らかにもうこちらボールなんです。
体育館中から「あっ…!」と言う声が聞こえました。
しかし審判がふかなかったんです。
また色々なところから声が起こり、大騒ぎになりました。
あるお父さんが「審判ちゃんと見ろォ!!」と怒鳴りましたが
それもかき消されるほどの騒ぎでした。

しかしその後、結局得点されてしまい、男子はそこで引退しました…

都大会ですよ!?決勝リーグですよ!?!?

2階の応援席からもはっきり見えたのに…

このように審判にも、当たりはずれがあります。


もっといろいろありますが、ここまでとします。
一度審判をしている方のお話など聞くととても面白いですよ♪

最後の方愚痴ですね。すみません。

長文&意味不、失礼しました!




この記事へのコメント