ハンドボールとハッキングについて

ハンドボールとハッキングについて




download.jpg


ハンドボールについて質問です。今学校の体育の授業でハンドボールをやっているのですがディフェンスの仕方がよくわかりません。どうやって相手止めるのでしょうか。相手に触れたり掴んでもいいのでしょうか?

何をしたら反則など、少し細かいところを教えていただきたいです。うまく相手を止める方法を教えてください。回答お願いします。

はい
バスケットじゃないので、触れても、つかんでも構いません。
ただ、掴むなら、がしっとつかまえないといけません。あまり激しすぎてもダメですけど。。。
もし、服など引っ張ったり、手を引っ掛けたら、ダメです。
体育の授業なら、審判?先生がやってるなら、甘いと思います。

えっと、反則ですが、例えば、ドリブルしますね、で、ドリブルやめてボールを持ってまたドリブルするとダブルドリブルとなり、反則です。あとバスケのような手の平を返すのも同じです。
あとこのようなのがあります。
●キックボール・・・・膝より下でボールを蹴ること。(審判によっては膝より上でもなるときあります)キーパーはゴールエリア内では足を使えます。
●オーバーステップ・・・・ボールを持った状態で、4歩以上歩くこと。
●オーバータイム・・・・止まったまま4秒以上ボールを保持すること
●プッシング・・・・押したり突いたりすること
●ホールディング・・・・つかんで相手の動きを制したり押さえ込んだりすること
●ハッキング・・・・たたくこと
●トリッピング・・・・足を引っ掛けてつまずかせたり転ばせたりすること
●チャージング・・・・主に攻撃側の選手が守備側の選手に突き当たること
●ラインクロス・・・・ゴールエリアラインを踏んだり踏み越えたりすること
●パッシブプレー・・・・消極的で攻撃の意思が見られない場合は相手ボールとされます

などです。
フリースローやスローインなどは習いますよね。
なので書きませんでした。_(._.)_

頑張ってください!!!!




この記事へのコメント