ハンドボールとスローオフについて

ハンドボールとスローオフについて




download.jpg



ハンドボールのルール

学校のレポートで、ハンドボールのルールについてが出ました。
適当な教科書が手元に無いのと、私に知識が全く無いので、ココを利用しました。
カテ違いかもしれませんが、ハンドボールのルールについてお伺いします。

〔ハンドボール〕

1) ハンドボールについて述べた次の文について、正しいものには○印、誤っているものには×印を記入しなさい。
 ( ① )プレーヤーの交代は、いつでも何回でもできる。
 ( ② )ゴールキーパーがキャッチしたボールが完全にゴールを通過したが、得点にはならない。
 ( ③ )すべてのスローから直接得点することができる。
 ( ④ )サイドからのスローインは、片足でサイドラインを踏み、ボールが手から離れるまで、その足をラインから離してはならない。
 ( ⑤ )得点後のスローオフは、得点したチームのプレーヤーがどちらのサイドにいてもおこなうことができる。


問題、本文をそのまま載せました。
お手数ですが、よろしくお願いします。 


1)× 競技終了後のフリースロー(ノータイムフリースロー)時はディフェンスの交代が認められません。

2)たぶん× キーパーがシュートをキャッチしたが勢いに負けて、そのままボールがゴールを通過したという状況を言っているならば得点になります。
ただし、いったんキャッチした後に(ボールをコントロールした後に)、手を滑らせるなどしてボールをゴールに入れてしまった場合は得点になりません。それはキーパーがボールをコントロールした時点で競技中断となるためです。つまりキーパーによる自殺点はありえないということです。

3)○

4)○

5)× スローが行われるまで、攻撃側のプレイヤーはセンターラインを越える事ができません。




この記事へのコメント