ランキンサイクルと効率について

ランキンサイクルと効率について




images.jpg



汽力発電所の給水蒸気系統を、T(温度)-s(エントロピー)線図であらわした、ランキンサイクルについて教えてください。
このランキンサイクルにおいては、蒸気がタービンで仕事をするとき、
温度だけ減少してエントロピーに変化がありません。
蒸気はタービン通過時においては、仕事をして、圧力、温度が低下するわけですからそれは熱量を失ったと言え、エントロピーが減少したとは
いえないのでしょうか?
何故この過程では、温度だけ減少して、エントロピーは変化しないのか、どなたかその理由を教えて下さい。


「エントロピー」について正しい知識をお持ちでしょうか?
ご質問にあるとおり、温度、圧力が低下し熱量を失ったと言えます。
つまり「エンタルピー」の減少です。

エントロピーは、サイクル内に出入りした熱量の関数です。
つまり、加熱・放熱があるとエントロピーが変化するということです。
ご質問にあるタービンは断熱変化と考えられるので、エントロピーは変化しません。
(タービンを通過するのは一瞬なので、熱の出入りは無いと見なしています。)
h(エンタルピー)-s(エントロピ-)線図を見てみることをお奨めします。



5465849684986.PNG


短期間で電験3種に合格する方法~1冊の問題集で4ヶ月間で合格~

この記事へのコメント