汽力発電とメリットとデメリットについて

汽力発電とメリットとデメリットについて




images.jpg



火力発電のメリットとデメリットについて
調べているのですが、下記以外に何かありませんか?

メリット

発電出力をコントロールしやすい
発電量がほかに比べ多い
原子力発電よりも設備が単純
建設費が安い
石油や天然ガスは取りあつかいやすい
発電量が多い
安いコスト、狭い土地でも発電所が建設可能。
使用する燃料は多様
発電量
必要にあわせて出力調整ができる


デメリット

二酸化炭素を排出する。
化石(石炭)に限りがある
CO2排出量が多い
資源に限りがある。
燃料に限りがある
石炭を燃やす際にも、ウランやトリウムが排出される
燃料は中東から輸入しているため、国際情勢によって供給が不安定になる可能性がある。
発電の際に海水を使うため使った後の温度が高くそのまま放水すると環境に悪い
燃料は日本国内でまかなえないため輸入に依存する
環境対策費がかかる


よろしくお願いします。





ご質問を読んで、いくつか・・・

> 燃料は中東から輸入しているため、国際情勢によって供給が不安定になる可能性がある。
⇒×
日本の火力発電燃料おける中東依存率は低い。
2005年当時で、1/3程度。
中東よりも南方の方が多い。
一部の地域に偏らず、世界中から発電用燃料(ガス、油、石炭)を調達する事により、安定調達を図っている。

=メリット=
(1)
・CC/ACC/MACCの場合、起動(立ち上がり)が早い。
起動ボタンを押してから、10~30分程で発電開始可能。

余談ながら、最も立ち上がりの早い発電方法は、揚水式水力発電。
100万kW発電機が5分で起動します。
原子力などの緊急停止など、緊急の発電端変動には揚水式水力とCC/ACC/MACC、ガスタービン発電で対応。
(2)
・1500℃級MACCの場合、最高熱効率は59%と一次エネルギーとしては驚異的な高効率。

(3)
・天然ガスを液化プラントでLNG化する際に、硫黄などの環境破壊物質を除去できる。

(4)
原油市場は投機要素が大きく、法外に値上がりしたり、原価割れまで値崩れする可能性がある。
LNGの取引価格は売主と買主間で、原油価格をベースに、原油が上がりすぎても、LNGの上げ率は低く、原油が下がりすぎてもLNGの下がり率や緩やかになるように、ある種のリスクヘッジ型の価格フォーミュラになっている。





5465849684986.PNG


短期間で電験3種に合格する方法~1冊の問題集で4ヶ月間で合格~

この記事へのコメント