ボクシングと階級と体重差について

ボクシングと階級と体重差について




images.jpg


ボクシングの階級の違いってそこまで実力の差が出るのでしょうか?

僕は格闘技と言うと極真空手をやってきました。
確かに体重のある相手と試合するとしんどいのですが、ボクシングで言われる
「階級一つ違うと別世界」
というのがオーバーなように見えます。

実際試合経験もありますが、10キロくらい重い相手にも普通に勝ったことはあります。
ボクシングの階級って3キロくらいで刻まれていますが、極真やってたときは
5キロくらいの体重差なら「差」とは認識したこともあまりありません。

20キロ差の人と打ち合ったりも普通にやります。
(さすがにこれはキツイですが・・・)


体重差というのは1階級(約3キロ程度)でそこまで如実に結果に表れるようなものでしょうか?


ちなみに僕は167cm63キロ程度です。
70キロくらいの人とは平気で試合します。
極真だと無差別もあります・・・


私見ですが、グローブを着けると、体重差の影響は素手の場合と比べて3倍位に拡大しますよ。グローブ着用の3kg差は素手の10kg差くらい。





この記事へのコメント