fp2級と合格率と実技について

fp2級と合格率と実技について





images.jpg



FP2級の実技についてです。
現在30代後半です。
FP3級は学科実技ともに一発で合格しました。
この調子で2級も、と思い受験したのですが。
学科は2回目で無事合格しました。
しかし、それからずっと、実技が合格しません。
今回は、きんざいの個人資産相談業務の問題集を2週して、過去問も3回分やりました。
次回で2年間の猶予もなくなってしまいます。その間ずっと受験して不合格でした。
ラストチャンスなのです。
ですが、もう何をやったらいいのかわからなくなっている状態です。
せっかく学科が合格したのだから、あきらめずに完全合格したいのです。
どなたか、お勧めの勉強方を教えていただけないでしょうか。
ここまで合格できないと、なんだか情けなくて・・・。
よろしくお願い致します。



2級技能士、今1級実技の結果を待っている者です。(CFPも持っています。)
2級の場合は、学科が難しくて実技が易しいことが多いのですが、実技でつまづいているとのことですが、せっかくの機会をうまく使いたいですね。

実技の基本はやはり過去問対策からです。
その時に気を付けたいのは、金財の場合は理由や計算プロセスとかを問われることがあるので、何故その解答が出るのかという根拠をしっかり学ぶことが大切です。
また、個人資産相談業務の場合、保険に関する問題・法人が絡む問題は出ませんので、この部分は範囲外として無視することも大切です。

あとは、最後の手段ということになりますが、金財の個人資産相談業務にこだわらず、FP協会の資産設計提案業務に受験を切り替えるという方法もあります。FP協会の場合は解答は計算問題でも結論がすべてなのと、比較的解きやすい問題が多いのが特徴です。但し範囲は全範囲から出ます。学科免除はもちろん有効ですし、資格の効力も同じ2級FP技能士として名乗れます。(担当の業務が違うだけ。)ただ、出題傾向が金財と少し違ってきますので、今の状態になると最後の一発勝負になります。FP協会のHPに過去問題が掲載されていますので、それに一度目を通されて自分に合うかどうかを確認するのもいいかもしれません。

ぜひ合格されることをお祈りします。




































この記事へのコメント