証券外務員一種と計算問題について

証券外務員一種と計算問題について





証券外務員1種を最近受けた方いますか?

来週、証券外務員1種の試験を受けようと思っております。
2種は持っていません。

プロメトリック受験の前の、ペーパーテストだった頃は、
過去問と全く同じ問題が出た、とか、
計算問題の数字がまるっきり一緒だったから数字を覚えておけばよかったとか、
よく聞くのですが、
証券外務員一種が一般の方でも受験できるようになってから、
難易度が上がったと、ネットで見かけますが、
どういった感じで出題されるのでしょうか。

今現在、書店で売っているユーキャンの問題集と参考書を使って勉強しております。
○×問題はある程度出来るようになったのですが、
どうしても計算問題が覚えられず…というか難しすぎて。。。
(私は理系なので計算なら任せろ!と意気込んでいたものの、全くお門違いだと勉強してから気づきました)

やはり、計算問題を捨てると、合格は難しいのでしょうか。
また、問題集等と同じ問題は、出るのでしょうか。
問題集さえ解けるようになれば、合格できるのでしょうか。

よろしくお願いいたします。


去年一種に合格した者です。難易度は上昇傾向にあるようです。合格率にして40%前半くらいでしょうか。出題は一問事画面上で出題され、不明な箇所はチャックでき、最後の100問まで解き終えた後に見直せます。電卓は内臓されていますが、かなり使いにくかったです。問題集で勉強する際は、設問を細かくかみ砕いて完全に理解する様に努めて下さい。本試験では文章が簡略化されており、問題集で見たような問題でも理解していなければ全く違った印象を受けます。計算問題は、デリバティブのRIBORやオプション取り引きの損益分岐点、先物取り引きの追加保証金、PERや債券の利回り計算当たりが出題されているようです。頑張って下さい。

















この記事へのコメント