上放れ十字線について

上放れ十字線について





下影をもつ寄り引き同時線は、底値圏ででれば相場の転換になりやすいのですか?

あくまで傾向だと思いますが、十字線であったり、下影を持つ寄り引き同時線が直近の底値で出れば、上げ基調への転換が多いのでしょうか?
下影を持つ寄り引き同時線と言うものは、上も下も試したが、寄りつきとほぼ同じ値段で引けたということですよね。
足長同時が直近底値で出現した場合も、相場の転換を暗示させるのでしょうか?
いわゆる買いですか。



あくまでもチャート、テクニカルでの話ですが、

底値圏に限らず、十字線は相場の転換点といわれています。売り買いが拮抗している状態ですね。
保ちあいになり十字線が出てくると、上放れか下放れしてきます。
底値示唆といわれる形は、いわゆる下影(下ヒゲ)を付ける形です。
1本ではダマシもありますが、数本見えてくれば、底値近しといえるでしょう。
また、下ヒゲを数本付けたり、十字線もしくはちいさいコマを数本つけてくると相場としては転換点といえるようです。





この記事へのコメント