運用指図者と加入者の違いについて

運用指図者と加入者の違いについて




確定拠出型年金の加入者と運用指図者はどう違うのですか?で、運用指図者の一か月あたりの定期的な手数料がないのはなぜですか?

補足
元々確定拠出型年金の企業に勤めていた人が手続きを忘れていて国民年金基金へ移行されてしまった人や年齢が60歳過ぎて掛け金をかけられなくなった人が運用指図者なのですね???


確定拠出年金は毎月掛金を出して元金を増やしながらそれを運用するものです。
掛金を出せる場合は加入者ですが、条件によっては掛金を出せなくて現有資産だけを運用するしかない人もいて、それが運用指示者です。加入者が途中で加入資格を失ったが脱退できない条件の人とか、60歳になって掛金を拠出できなくなった人が運用指示者になります。
しかし、運用指示者でも定期的に手数料はかかります。私も運用指示者ですが手数料は引かれています。

補足について
国民年金基金ではなく、国民年金基金連合会です。
でも、国民年金基金連合会に移されたら加入者でも運用指示者でもありません。個人型確定拠出年金への移行の指示が無かったので一時的に預っているいるのです。そこから、個人型確定拠出年金あるいは企業型確定拠出年金に移されると加入者や運用指示者になるのです。
60歳過ぎると基本的には受給資格ができるので掛金が出せなくなり、そのまま確定拠出年金に残していると運用だけできる運用指示者になります。





この記事へのコメント