21日後場!!!日経平均は92円高、売り物がちで始まるも底堅い動き

21日午後零時45分時点の日経平均株価は、前週末比92円60銭高の2万758円67銭。前場終値2万758円74銭(前週末比92円67銭高)とほぼ同水準。後場は、売り物がちで始まったが、下値は限定的で底堅い動きとなっている。昼休みの時間帯の東京外国為替市場では、円が1ドル=109円70銭近辺(前週末終値は109円36銭-37銭)と一時に比べてやや弱含んでいた。

 日経平均構成銘柄では、東建物 <8804> 、スクリーン <7735

> 、SUMCO <3436> などが値上がり率上位。半面、サイバー <4751> 、アドバンテスト <6857> 、日産化学 <4021> などが値下がり率上位。午後零時45分現在、東証1部の出来高は6億7044万株、売買代金は1兆1031億円。





この記事へのコメント