胚盤胞になる確率とklcについて

胚盤胞達成率と、妊娠できる確率・移植の順番などについて

よろしくお願いいたします。

先日初めて体外・顕微受精にチャレンジしました。
ちょっと不思議に思ったことを書きたいと思います。

まず、誘発の時点では卵胞15近く、E2も採卵直前で7000ほどあり、
たくさんの卵がとれそうだとのことでした。が、実際採卵できたのは6個。
採卵までに排卵したのではなく、無数の未熟卵(採ることもできないやつ)
があったからろうとのこと。

採卵した内1個はだめなものだったらしく外され受精操作前に破棄。
最初の予定では2個を体外、あと3個を全て顕微受精させました。

体外に関しては、1個受精、1個受精せず。
顕微は、取れた卵の内、2つは未熟卵培養でしたが個全て受精し、

結果
5日目胚盤胞2個(どっちも顕微のはず)
6日目胚盤胞2個(1つは顕微、1つは体外)
の、合計4個胚盤胞になり凍結になりました。

①この場合、胚盤胞到達率は何パーセントになるのですか?いい方ですか?
(採卵数からの計算か、受精操作開始時の卵の数からの計算か)
②無数の未熟卵満載だった卵巣から取れた6個の卵の質は、いいのか・・
③胚盤胞の妊娠率は、どれくらいですか?グレードは言わない病院です。
④体外、顕微、5日目、6日目・・どの卵から移植するといいのですか?

採卵数が残念で、期待を思いっきり裏切られた気分で落ち込んでましたが、
その割に、胚盤胞まで4ついってくれたのはほんとうに嬉しい
(個人的には1個なってくれたら万々歳でした)のですが、
採卵直後の「無数の未熟卵って・・」というショックとアベコベで、
なんだか不思議な気持ちです。。35歳です。

質とか、確率とか、詳しい方、または経験者様、よろしくお願いします。


①通常、胚盤胞到達率は「胚盤胞 / 受精した卵子」で計算します。
質問者さんの場合、4つ受精し、4つ全てが胚盤胞になったのですから
100%ということになり、最良の結果です。
※ちなみに、受精率は「受精した卵子/ 受精を試みた卵子」なので、
4/5 (5分の4) になります。

②胚盤胞まで育ったのですから、良質の卵子ですよ。

③年齢的に考えれば30~40%くらいでしょうか

④クリニックの方針によりけりですね。
受精方法や胚盤胞になった日数にこだわらず
成長スピードやグレードから判断するクリニックもあれば、
体外受精卵を優先的に移植するクリニックもあるようですし、
6日目よりも5日目を優先するクリニックもあるようです。

卵胞発育にはどうしてもバラつきがありますから、
小さな卵胞からの採卵率はあまり良くありません。
また、多く卵胞ができすぎてしまうと、空砲や変性卵が多く取れてくることはわりと珍しくないです。
ただ、採卵してきた卵子はどれも良好卵だったと思いますよ。
グレードは分かりませんが、胚盤胞まで育ち、
凍結に耐えられると判断した胚盤胞だったのでしょうから
グレードもそれほど悪くないのでは、と思います。

凍結胚移植、うまくいくといいですね。




この記事へのコメント