末期癌と終末期とせん妄について

せん妄の患者に付き添う。
末期癌で入院中の主人が、せん妄と思われます。4〜5日前から酷くなり
特に夜は酷くなる様です。
私は昼間はなるべく長く病室におりますが、夜、家に帰るときは


夜も自信がないととても心細そうな顔をします。あんまりかわいそうで、できる限り付き添いベッドにて
泊まる事にしたのですが、ベッドの寝心地の問題以上に
せん妄による、発言が頻繁で寝ていられません。大きな声も出します。たまに
正気になると、側に来てと言われ
結局、ほとんど眠れませんでした。
これでは、私の身が持たないのは間違いありません。
主人には、我慢してもらうしかないのでしょうか?
また、看護師さんにも迷惑と思いますが、正直、どの様に感じでおられるのでしょうか?

主人は、フェントステープ3ミリ
痛みの頓服に舌下錠
寝る時〜数回 抗不安薬の様な眠れる薬を使っています。

同じ様な経験をされたご家族の方のご意見もお聞きしたいと思います。
宜しくお願いします。

補足
「火事だー!おーいおーい!」
と何度も叫んでしまいました。
覚醒するのに時間がかかり、
入院されている患者さん達にも
ご迷惑をお掛けしているのではないか?クレームがあったら
転院を迫られやしないかと心配です。
どの様な対応をすれば良いのでしょうか?
小さな混乱には、私の「大丈夫だよ。心配いらないよ」などの呼びかけで落ち着く事も何度もあります。
また、この様な症状は改善する時もあれば、本当に末期でこのまま治らない事もあるのでしょうか?


60代の父を自宅で看取りました。
末期ガンでした。本人の意思で自宅を
選択。
介護保険を使い、末期ガンによる痛みを
緩和できるようにとケアマネさんと相談
して一番良いベットをレンタルしました。
しかし、床づれ防止や痛みには大変効果
がありましたが、末期ガン特有の精神状態
から来る身の置き場の無さには効果は
ありませんでした。
もうこの時期になると食事も摂れずに
ステロイドや栄養補給の点滴を毎日やって
ました。

せん妄もかなりあり、昼夜問わず家族を
色んな意味で悩ませました。
迷惑とかではなく、ただただ不憫で。
そのせいで相当強い安定剤、睡眠薬を処方
されてたから昼間はひたすら寝て、目覚め
ればせん妄。居ない人が見えたり被害妄想
を口走ったり騒いだり。
かなり酷かったです。

もし自宅に連れて来られるなら、看病を
手伝ってくれる人手が居れば夜勤をする
ような感じで交代で看られては?
私は母と交代でした。

点滴すらガンの餌になるのではとも
思いましたが、それにより死期が早まる
わけではなく、私たちの場合は点滴に
よって苦しく生きる時間が伸びるのでは
と大変悩みましたが、父もまだ死を受け
入れられずに怯えていたし、可哀想だけど
私たちもそんな父でも少しでも一緒に
居たかったです。
いくら末期と本人も悟っていても、どんな
に強くても死はなかなか受け入れられる
ものじゃないようです。
最期の時まで必死に生きようとしてました。

お辛いでしょうが、残された時間が短い
と思います。心細さをどうか和らげて
あげて下さい。




この記事へのコメント