末期ガンと完治と実話について

末期がん からの、奇跡的な復活というのは、現在医学では症例はあるのでしょうか?
そんなことありえませんよね?

巷で聞く話は、健康食品の勇み足のキャッチコピー上の話とか? 噂のレベルの話ですよね?


現象として末期がんと診断された人が何年も元気にしている(奇跡的な復活?)症例は数限りなくあります。そもそも癌自体分かっていないことがいっぱいです。現在では診断レベルが飛躍的に向上していますので末期がんと診断されれば一年以内に亡くなるのが大体でしょう。しかし、人間の生命力も分からないことだらけです。がん細胞が小さくなった、無くなった、進行が止まった等は奇跡ではなくて、人間であれば起こり得る現象です。巷で聞く話、自然食品、健康食品、民間療法はあたかもそれに拠ってがんが治ったと便乗していると私は思っています。いずれも決して悪いものではないのでしょうが、がん細胞に影響を及ぼし生命予後を改善した根拠は全くありません。前述した通り、その人のがん細胞がもともと途中から縮小するような性格の細胞であったとか、免疫機能が急激に高まったとか人間の生命力により”奇跡的な復活”は現象として存在しているのではと思っています。やたら値段が高い健康食品は医学的に根拠を示しづらいことを逆手に誇大な宣伝をしているものがあり悪意を感じます。




この記事へのコメント