マツダ、トヨタと共同開発の自動運転車でロータリーエンジン復活へ

マツダはほぼ半世紀かけて完成させたロータリーエンジンの生産を2012年に停止した。そして今、マツダはこの伝統技術を思いも寄らないような場所で復活させようとしている。それはトヨタ自動車と共同で開発を進める、ピザから人まであらゆるものを運ぶバッテリー駆動の自動運転車だ。   マツダモーターオブアメリカの毛籠勝弘社長は16日のインタビューで、トヨタ…

続きを読む

技術Comment (0)