横行…手数料総額6400万円も!!!株「回転売買」

証券会社が株売買の委託手数料を稼ぐため顧客に株を短期間で買い替えさせる「回転売買」が横行し、証券取引等監視委員会が警戒を強めている。顧客は外国株の取引で損失を出す高齢者が目立ち、監視委は昨年10月に準大手証券会社に業務の改善を要請した。今後、証券各社への立ち入り検査を強化する。 ■「顧客を道具に」  「販売員にうまく乗せられ、資産の多く…

続きを読む

経済Comment (0)

中韓勢に対抗―トヨタ・パナソニック!!!EV電池で新会社=20年、

トヨタ自動車とパナソニックが2020年に共同で、電気自動車(EV)向けなど車載用電池で新会社を設立することが20日、分かった。出資比率はトヨタ51%、パナソニック49%となる見通し。自動車の電動化をめぐっては、中核技術の電池で中国や韓国といった海外メーカーが台頭。新会社設立により、コスト競争力の向上と次世代技術の開発強化を図る。週内にも発表する。 …

続きを読む

経済Comment (0)

待遇改善求める!!!ヤマハ英語教室の女性講師が労組結成

楽器販売「ヤマハミュージックジャパン」(東京都)が運営する英語教室で働く講師の女性14人が労働組合をつくった。女性たちは契約上は個人事業者とされて社会保険などが適用されないが、「実態はヤマハ側の指示で働く労働者だ」として同社側に待遇改善を求める団体交渉を申し入れているという。  専門家によると、契約上は個人事業者などとされた人たちが企業内組合…

続きを読む

経済Comment (0)

ルメール仏財務相が否定!!!ルノー・日産統合の意向との報道

フランスのルメール経済・財務相は、ルノーと日産自動車のアライアンスに変更を加える計画を検討している事実はないと述べた。日本経済新聞は、仏政府代表団が共同持ち株会社方式を軸に両社を経営統合する意向を日本政府関係者に伝えたと報じていた。 ルメール財務相は仏紙ジュルナル・デュ・ディマンシュ(JDD)とのインタビューで、「ルノー・日産間の株式保有のリ…

続きを読む

経済Comment (0)

「また勝手なことを言ってるな」日産、ルノー圧力に反発も

フランス政府がルノーと日産自動車を経営統合させる案を日本政府に伝えたことをめぐり、日産社内からは反発する声も出ている。独立性を失いかねない統合に、西川(さいかわ)広人社長は以前から反対しており、「ゴーン以後」の経営体制をめぐる攻防の激化は必至だ。 フランス政府の案について日産関係者は20日、「今回、日本政府とそういう話があったとは承知…

続きを読む

経済Comment (0)

どこまで上がる?株価はリバウンド上昇継続中。

日経平均株価は1月18日金曜日、2万0,6566.07円で取引を終えました。前回「トレンド転換するまではトレンドフォロー戦略でよい。ただし、高値掴みにならないよう安いところを狙っての短期売買がよい」と解説しました。 株価は上昇トレンドが継続し、目標株価の範囲内で取引を終えました。 米国の株式市場はリバウンド上昇の週でした。 ドル円相場はド…

続きを読む

経済Comment (0)

いま注目の3銘柄をピックアップ

① 三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306) 平成31年3月期第2四半期(11月13日発表)の業績は経常収益+10.0%、経常利益+2.5%と増収増益で着地。業績は着々と拡大している。反発の可能性が期待できるのではないだろうか。 ② 三井住友フィナンシャルグループ(8316) 平成31年3月期第2四半期(11月14日発表)の業績は経…

続きを読む

経済Comment (0)

米中貿易摩擦の解消期待が一段と強まる!!!NY為替:ドル109.77円

18日のニューヨーク外為市場でドル・円は、109円34銭から109円89銭まで上昇し 109円77銭で引けた。米中貿易協議で、中国が対米黒字解消を提案すると報じられると米中貿易摩擦解消期待が一段と強まり、リスク選好の動きがさらに加速。 ユーロ・ドルは、1.1406ドルから1.1353ドルまで下落して1.1362ドルで引けた。ユーロ・円は、1…

続きを読む

経済Comment (0)

UUUM、チムスピ、ビットワンG (1月11日~17日発表分)決算プラス・インパクト銘柄 【東証2部・新興市場】

―決算で買われた銘柄! 上昇率ランキング―  企業決算に対する評価は、マーケットでは「株価」として表される。ここでは、決算を受け止めて株価がいかに反応したかを探る。  以下に挙げたのは、決算発表が「プラス・インパクト」となった可能性のある東証2部・新興市場の銘柄である。株価が決算発表前日の水準から18日大引け現在、水準を切り上げている銘…

続きを読む

経済Comment (0)

Gunosy、ネオス、久光薬 (1月11日~17日発表分)決算マイナス・インパクト銘柄 【東証1部】

―決算で売られた銘柄! 下落率ランキング―  企業決算に対する評価は、マーケットでは「株価」として表される。ここでは、決算を受け止めて株価がいかに反応したかを探る。  以下に挙げたのは、決算発表が「マイナス・インパクト」となった可能性のある東証1部の銘柄である。株価が決算発表前日の水準から18日大引け現在、水準を切り下げている銘柄を下落…

続きを読む

経済Comment (0)